アーモンドの話

2018.05.02

産地の様子


日本にくるアーモンドは、ほとんどアメリカのカリフォルニアから輸入しています。

最大の産地であるカリフォルニアでは、広く荒れた平地を耕して、アーモンドの木を整然と植林し、管理された畑で育てています。
アメリカ以外には、地中海沿岸の国々やオーストラリアなどでも生産されています。



アーモンドの形


梅干しの種を割ってみると中に白い実が入っているように、
アーモンドも固い殻の中に実が入っています。
みんなの目のような形をしていて、真ん中が膨らんで両端が細くなっています。
大体の大きさは2~2.5㎝×1~1.5㎝、1粒1グラムぐらいが日本ではよく見かけるサイズです。



こんなところにもアーモンド!


ホールのアーモンドがタルトケーキやアーモンドチョコレートだけではなく、パンに乗っていたりおかきにも練りこまれていて、ずいぶんといろんなものに使われています。
学校給食でも小魚とのミックスがでてきます。
アーモンドの形のままで塩味をつけたものや、最近では塩味もつけないものが人気です。



メルマガ登録はこちら