ピカンナッツの話

2018.05.02

どんなところでとれるの?(産地の様子)


ほとんどアメリカから輸入しています。

アメリカの南部諸州では、木を整然と植えて育てています。
ほかにメキシコや中国、インド、イスラエル、オーストラリアなどでも栽培されるようになってきています。



ピカンナッツの形


ペカン、ピカン、ピーカンなど呼び名は固まっていません。
くるみの実にも似ていますが、殻は楕円形で表面はなめらかで、光沢があり、薄く割れやすいです。
くるみに比べて細長く茶色い薄皮がついており、ラグビーボールやアメリカンフットボールのようなイメージです。



こんなところにピカン!


いちばん身近なのはピカンパイではないでしょうか。チョコレートをかけたものやキャンディをかけたものなど、甘い味付けのものをよく見かけますが、渋味が少なくまろやかな味という特徴から、最近は素焼きにしただけのものも好評のようです。

木材として衝撃や曲りに強いことから、スキー板や体操のバーなどに使われています。
いまの日本では燻製用のスモークチップとしてヒッコリーという名前で有名かもしれません。ベーコンやハム、サーモンの燻製作りには欠かせませんね。



メルマガ登録はこちら