くるみの話

2018.05.02

どんなところでとれるの?(産地の様子)


日本で出回っている食用のクルミは、ほとんどアメリカのカリフォルニアから輸入しています。

アメリカのカリフォルニアでは、広く荒れた平地を耕して、くるみの木を整然と植えて育てています。
アメリカ以外にもフランスやトルコ、イタリア、ギリシヤなどのヨーロッパ諸国、チリなどの南米でも栽培されています。



くるみの形


くるみは品種が多く、日本にも野生のオニクルミやヒメクルミがみられます。また、世界的に出回っているペルシアクルミと交配した品種も育てられています。
最近は殻つきくるみがあまり出回っていませんが、一般に国内で出回っている剥きクルミは、固く丸い、直径4cmぐらいの実の中に、食用となる実が、複雑に折りたたまれて入っています。



こんなところにもくるみ!


パンやクッキーなどに入っていて、とってもおいしいくるみ。食べる以外にも意外に身近な存在です。
アメリカでは高級家具の素材として代表格的なものであり、日本でもクルミの殻は氷より固くアスファルトより柔らかいので自然にもやさしい素材としてタイヤに練りこんでスタッドレスタイヤなどに使われています。
また、排水処理の必要がなく、公害、作業環境のクリーンな研磨剤としても使われています。



メルマガ登録はこちら