【エッセイ】料理を教える講師にとって何が嬉しいって・・・

2018.06.04

 料理を教える講師にとって何が嬉しいって「今まで一度も食べたことないんです。へぇ~、おいしい!」「子供の頃から苦手で・・・。今日初めて食べました。」ってセリフ。ふふ・・・、今日の講習会でもあったんですよ、この通りのセリフが!お二人から。嬉しかったなぁ~。



 今日のクライアントは昆布や大豆、その加工品やお惣菜、ヨーグルトなど売っている会社です。先日テレビで大腿骨骨折ワースト1位は兵庫県。東北の2倍(※)と聞き、「エーッ!どして?」とびっくり。番組ではおもしろい理由を3つ挙げていました。

 ①関西では納豆が苦手な人が多いこと。納豆にたっぷり含まれる骨を作る大事なビタミンKを十分に摂取できていないのでは?
 ②関西女性は化粧にかける時間が長いこと。日焼け対策が完璧過ぎて、日光を浴びることで体内で作られるビタミンDが不足しているのでは?
 ③せっかちな関西人、せかせか早歩きで転倒のリスクが高いのでは?

・・・となると、やっぱり手っ取り早いのは納豆を食べること。私のささやかな調査では、今の若い人で納豆が大の苦手という人はそんなに多くないはず。確かに東北のスーパーのようなダァ~ッと広い納豆コーナーはありませんが、以前よりずいぶん種類も増えています。

 今日の講習会はとってもシンプル。レシピの材料はすべて1人分です。1人でも多くの参加者に料理を作るチャンスを作って差し上げたい。もちろん主催の会社の製品の宣伝を兼ねた講習会ですから、その意図は酌まないといけないのですが、何より料理が楽しい作業であることを伝えたいのです。

 よくかき混ぜた納豆に、人気のお惣菜シリーズ筍の煮物のだしだけをほんの少し加えて混ぜます。噛んだ時、歯ざわりの残る程度に刻んだ筍の煮物をさらに混ぜて、ネギをパラリ。恐る恐るのひと口。最初の男性は「あ、おいしいですね。人生で初めての納豆です」と無事クリア。次の女性は「においがイヤだなぁ」と気が進まないご様子ながらも、うれしそうな私の顔に免じてひと口。そしてまたひと口。どんどん笑顔が広がります。「あれ、おいしいです。エーッ、だめだったのに。」お二人とも納豆はご両親も苦手で一度も食卓に上がらなかったとか。周りから拍手が起こり、みーんな笑顔に。ドラマのような楽しい講習会でした。

 (※)40歳以上の女性の大腿骨近位部骨折発生率


メルマガ登録はこちら