じゃが芋とゆで卵~アーモンドの香り塩~

2015.10.01


じゃが芋とゆで卵~アーモンドの香り塩~


材料


卵 … 適量
じゃが芋 … 適量
<アーモンドの香り塩> 無塩アーモンド(フードプロセッサーにかけて粉砕したもの) … 大さじ6(約30g)
フライドオニオン … 大さじ1強
塩 … 小さじ1
乾燥タイム … 小さじ1/3
黒こしょう … たっぷりめ

手順


  1. 卵は常温に戻しておく。鍋に卵が浸かる位の湯を沸かして酢少々(分量外)を入れる。網じゃくしなどで卵をそっと入れて、再び沸騰したら、フツフツする程度の沸騰加減に弱めて12分程ゆでる(湯に入れて最初の5分程、時々卵をかき混ぜておくと黄身が偏らない)。水につけて急冷し、熱が取れたら殻をむく。
  2. じゃが芋は皮をむいてラップで包み、電子レンジに(竹串がスッと通るようになるまで)かける。※目安:じゃが芋2個で約6分(途中で上下を返すと良い)
  3. 「アーモンドの香り塩」の全ての材料を混ぜ合わせる。
  4. ゆで卵とじゃが芋は食べやすい大きさに切り、「アーモンドの香り塩」をふりかけて食べる。


ベースメニューに加え、きゅうりやトマト、ブロッコリーなど野菜を自由に変えても。常温に戻した卵をお湯からゆでると、殻がツルリとむきやすくなります。
また酢をお湯に少し入れておくと、殻にヒビが入り白身が出てきてもすぐに固まります。


白井操(しらい・みさお)/料理研究家


柔らかな語り口と温かみのある料理で知られる料理研究家。NHK「きょうの料理」で20年にわたり講師を務める。健康面にも気を配った料理をはじめ、心豊かな暮らしのエッセンスを提案している。

神戸大使。兵庫県ひょうご「食」担当参与。近著に、食卓で生まれる心の絆をトークで伝えるレシピ本「笑顔の食卓」(燃焼社)、「五国豊穣ひょうごのうまいもん巡り」(神戸新聞出版センター)、他著書多数。

白井操クッキングスタジオホームページ

http://www.misao-cooking.com/


白井先生のエッセイ&その他のレシピはこちら



メルマガ登録はこちら