【エッセイ】秋はおいしい新米の季節。知らないうちに・・・

2017.11.14

 秋はおいしい新米の季節。知らないうちにお米より小麦を食べる人の方が多くなっていると聞いて、これは大変・・・とペンをとっています。お米の消費量は年々下がるばかり。ごはんの大切さを思うと心配です。



 今年は秋の長雨と台風の影響で、山崩れが起きたり、1年分の雨が一度に降って大きな川が氾濫するなど、想定を超えた災害が各地で起きました。

 昔から田んぼは大雨の時には天然ダムのように機能し、水害を防ぐ役割を果たしてきました。このままお米の消費が減り続けると、荒れた田んぼは大雨でどんどん崩れていって、大変なことになってしまうと教えてもらいました。

 「ごはんを食べると太る・・・」今や若い人たちのみならず、おじさんおばさんもごはんを食べる量を控え、一方でおやつやおつまみをつまんでいます。

 食べすぎると太りますが、ほどよい量なら、便のカサを増やし、腸の働きを良くしてくれます。小腸・大腸が大切な役割をしていることは、広く知られるところとなりました。

 ちゃんとごはんを食べる暮らし、大切なんですね。


メルマガ登録はこちら