蒸し鍋~ナッツ入りかぼちゃみそ~

2018.04.01


ナッツを料理に使う楽しさを知るには、ナッツ味噌から。アレンジ色々、食べ方色々。
シンプルな蒸し鶏と蒸し野菜のおいしさもナッツのコクで引き立ちます。


材料


<ナッツ入りかぼちゃ味噌>
無塩アーモンド … 30g
かぼちゃ … 150g
だし(かつおと昆布) … 1カップ
みそ … 大さじ4
酒 … 大さじ1
砂糖 … 小さじ2
ポン酢 … 適量

<蒸し鍋>
鶏ささみ、キャベツ、人参、かぼちゃ、小松菜 … 各適量

手順


  1. <ナッツ入りかぼちゃ味噌>を作る。
  2. アーモンドは刻む。
  3. かぼちゃは電子レンジ(600W)に約4分竹串がスッと通るまでかけ、皮を取り除いてマッシャーでつぶす。(色が気にならなければ加えるとよい。)
  4. (3)をフライパンに入れて弱火にかけ、だしで溶きのばす。みそ、アーモンド、酒、砂糖を加え弱火で煮、水分がほぼなくなったら火を止める。
  5. <蒸し鍋>を作る
  6. ささみは筋を取り、塩と酒をふり下味をつける。
  7. キャベツと小松菜はおおぶりに切る。人参は1cm厚さの輪切り、かぼちゃは1cm厚さのそぎ切りにする。
  8. 蒸し鍋に小松菜以外の材料を並べ、付属のフタをして電子レンジにかける。かたい野菜に竹串がすっと通るようになったら、色を美しく仕上げたい小松菜を加え再び電子レンジにかけしんなりさせる。☆蒸し器がなければ、耐熱皿に並べ、ラップをして電子レンジ加熱する。また、時間があれば蒸し器でじっくり加熱するとより美味しい。☆「かぼちゃ味噌」の他に、アーモンドパウダーレシピに掲載している「ナッツ入り豚味噌」や、ポン酢とオリーブオイルを合わせたものなどでも。


無塩アーモンドや無塩アーモンドパウダーは塩分を自由に調節できる優れもの。
アーモンドを料理の途中で加えると旨みを十分に引き出せるだけでなく、水分を飛ばしたり、歯ごたえを調節することもできます。刻み方を変えたり、すり鉢を使って好みの仕上がりに。


白井操(しらい・みさお)/料理研究家


柔らかな語り口と温かみのある料理で知られる料理研究家。NHK「きょうの料理」で20年にわたり講師を務める。健康面にも気を配った料理をはじめ、心豊かな暮らしのエッセンスを提案している。

神戸大使。兵庫県ひょうご「食」担当参与。近著に、食卓で生まれる心の絆をトークで伝えるレシピ本「笑顔の食卓」(燃焼社)、「五国豊穣ひょうごのうまいもん巡り」(神戸新聞出版センター)、他著書多数。

白井操クッキングスタジオホームページ

http://www.misao-cooking.com/


白井先生のエッセイ&その他のレシピはこちら



メルマガ登録はこちら