プルーンと鶏肉の赤ワイン煮 ~「おもてなしプルーン」を使って~

2015.12.01


一年に一回、初もののドライプルーン。完熟・大粒・種付き・・・このおいしさは、一度食べたら忘れられません。そのままはもちろん、料理にもぜひ!


材料


鶏もも肉 … 400g
玉葱 … 中1個
ドライプルーン … 大粒5個
にんにく … 1片
赤ワイン、水 … 各1カップ
しょうゆ … 大さじ1
サラダ油、塩、こしょう … 各適量
ブロッコリー … 適宜

手順


  1. 鶏肉は余分な脂と筋を除き、1枚を1/4に切り、塩、こしょうをしっかりめにふって下味をつける。
  2. 玉葱はくし切りにし、電子レンジ(600W)に2分かける。にんにくはみじん切り、ドライプルーンは種を除いて半分に切り、残った種も一緒に取りおいておく。
  3. 厚手の鍋又は、フライパンにサラダ油を馴染ませ、(1)の鶏肉を皮目から入れ中火で両面をこんがりと焼き、別皿に取り出しておく。※鶏肉が鍋底にはりついたら、濡れ布巾の上に置いて鍋底を冷ますとはがれやすくなる。
  4. (3)の鍋の余分な脂をキッチンペーパーで少し吸い取り、玉葱とにんにくを入れて炒める。
  5. (4)に赤ワインを加えて鍋底についたうま味をこすり取り、分量の水を加えて鶏肉を戻し、沸騰したらプルーンと種を入れ、フタをしたまま弱火で約20分煮る。
  6. しょうゆと、こしょうを加え、水分を飛ばすようにフタを少しずらしさらに弱火で煮る。
  7. 器に盛り、塩ゆでしたブロッコリーを添える。お皿に盛るときは種を取り除いておく。


コトコトとプルーンの種ごと鶏を赤ワインで煮込み、仕上げはお醤油で。種まわりの果肉はことのほかおいしいのですが、お皿に盛る時は取り除いておきましょう。


白井操(しらい・みさお)/料理研究家


柔らかな語り口と温かみのある料理で知られる料理研究家。NHK「きょうの料理」で20年にわたり講師を務める。健康面にも気を配った料理をはじめ、心豊かな暮らしのエッセンスを提案している。

神戸大使。兵庫県ひょうご「食」担当参与。近著に、食卓で生まれる心の絆をトークで伝えるレシピ本「笑顔の食卓」(燃焼社)、「五国豊穣ひょうごのうまいもん巡り」(神戸新聞出版センター)、他著書多数。

白井操クッキングスタジオホームページ

http://www.misao-cooking.com/


白井先生のエッセイ&その他のレシピはこちら



メルマガ登録はこちら