えびのハーブパン粉焼き

2018.04.01


ナッツとハーブで衣にひとワザ利かせたえびのパン粉焼きは、手軽に作れる華やかな一皿。有頭えびもはさみを使えばだれでも簡単に調理できます。


材料


有糖えび(大) … 大4尾
ハーフのみじん切り(イタリアンパセリ、タイム、オレガノなど) … 合わせて大さじ1
パン粉 … 山盛り大さじ4
オリーブ油 … 大さじ2~3
パルミジャーノレッジャーノ(すりおろし) … 大さじ1~2
ピュアパウダーアーモンド … 小さじ1~2
ガーリックオイル … 適量
レモン … 適量

手順


  1. えびは腹側を切り開いて背ワタを除く。(背側まで切り離してしまわないように注意)
  2. ハーブのみじん切り・パン粉・オリーブ油・パルミジャーノレッジャーノ・ピュアパウダーアーモンドをよく混ぜ合わせてしっとりさせる。
  3. 開いたえびの身に(2)をのせてガーリックオイルを少しかけ、200度に予熱しておいたオーブンで約10分焼く。
  4. えびにレモンのくし切りを添える。
  5. ~ガーリックオリーブオイルの作り方~瓶など乾いた保存容器に、薄切りしたにんにくを入れ、オリーブ油を浸かるほど注ぐ。常温で数日おいて、にんにくの香りが移れば出来上がり。


仕上がりが地味になりますが無頭えびでも作れます。ナッツを入れると焦げやすくなるので、気を付けましょう。ガーリックオリーブオイルは長期間の保存には向かないので、早めに使い切るようにしましょう。


白井操(しらい・みさお)/料理研究家


柔らかな語り口と温かみのある料理で知られる料理研究家。NHK「きょうの料理」で20年にわたり講師を務める。健康面にも気を配った料理をはじめ、心豊かな暮らしのエッセンスを提案している。

神戸大使。兵庫県ひょうご「食」担当参与。近著に、食卓で生まれる心の絆をトークで伝えるレシピ本「笑顔の食卓」(燃焼社)、「五国豊穣ひょうごのうまいもん巡り」(神戸新聞出版センター)、他著書多数。

白井操クッキングスタジオホームページ

http://www.misao-cooking.com/


白井先生のエッセイ&その他のレシピはこちら



メルマガ登録はこちら