アンチョビナッツドレッシングの春キャベツサラダ

2018.03.01


早春から店頭に並び始める春キャベツで食卓にも春風を呼び込みましょう!柔らかな春キャベツは串に刺してさっとゆがくだけで、春色のグラデーションが完成。アンチョビの旨みとアーモンドの風味が効いたドレッシングで、さぁ召し上がれ。


材料


春キャベツ … 適量
アンチョビ … 3枚

[A]
ピュアパウダーアーモンド … 適量
オリーブ油 … 大さじ1
マヨネーズ … 大さじ1
しょうゆ … 小さじ1/2
にんにく(すりおろし) … 少々

手順


  1. アンチョビはみじん切りにし、Aと混ぜ合わせ、ゆがいた春キャベツにかける。
  2. キャベツは塊のまま大ぶりに切り、バラバラにならないように竹串で刺す。
  3. 串をさしたまま塩ゆでしてザルにあげ、さっと冷水をかけて粗熱を取る。
  4. 串をはずしてしっかり水気を絞る。


春キャベツは茹ですぎるとすぐ柔らかくなるので注意しましょう。しっかり
水気を絞るのも大事なポイント。エビやゆで卵、ハムを添えるとごちそうサラダに。菜の花や新玉ねぎ、スナップエンドウ、新じゃがなどと一緒に旬をたっぷりと盛り付けて、春を楽しむのも素敵です。


白井操(しらい・みさお)/料理研究家


柔らかな語り口と温かみのある料理で知られる料理研究家。NHK「きょうの料理」で20年にわたり講師を務める。健康面にも気を配った料理をはじめ、心豊かな暮らしのエッセンスを提案している。

神戸大使。兵庫県ひょうご「食」担当参与。近著に、食卓で生まれる心の絆をトークで伝えるレシピ本「笑顔の食卓」(燃焼社)、「五国豊穣ひょうごのうまいもん巡り」(神戸新聞出版センター)、他著書多数。

白井操クッキングスタジオホームページ

http://www.misao-cooking.com/


白井先生のエッセイ&その他のレシピはこちら



メルマガ登録はこちら