ビーフストロガノフ

2016.12.01


クリスマスや年末年始の楽しい集いが増えるこの季節。
作り置きできるおもてなし料理は、忙しいあなたの強い味方。
仕上げにピュアパウダーアーモンドでコクをプラス。


材料


牛もも肉(少し厚めのスライス) … 200g
玉葱 … 1個
マッシュルーム … 4個
にんにく … 1片
ヨーグルト … カップ1/2
芽キャベツ、イタリアンパセリ … 各適量
白ご飯 … 茶碗2杯分
小麦粉 … 大さじ1
バター … 小さじ1
塩、こしょう、サラダ油 … 各適量

[A]
水 … 1カップ
固形ブイヨン … 1/2個
赤ワイン … 大さじ3
マスタード … 大さじ1弱

[B]
生クリーム … 大さじ2
レモン汁 … 大さじ1弱
ピュアパウダーアーモンド … 小さじ2

手順


  1. 牛肉は太めの細切りにし、塩小さじ1/2、こしょう少々(分量外)で下味をつける。にんにく、玉葱は薄切りにする。
  2. フライパンにサラダ油を馴染ませて牛肉をさっと炒め、別皿に取りだす。同じフライパンでにんにくと玉葱を炒め、しんなりしたら牛肉を戻し入れて小麦粉をふりかけ、焦げないように軽く炒める。
  3. (2)にAを加えて12~13分、途中アクを取りながら煮込む。
  4. マッシュルームは薄切りにし、バターをのせ電子レンジ(600W)に約1分30秒かけ、出てきた汁ごと(3)に加える。
  5. 仕上げによく混ぜて滑らかになったヨーグルトとBを加えて混ぜ、塩、こしょうで味を調える。
  6. 皿に白ご飯と(5)を盛り、パセリのみじん切りとゆでた芽キャベツを添える。


きのこの中でもひときわうま味の強いマッシュルームは電子レンジで加熱してより濃厚なうま味を引き出します。
サワークリームを使うとより本格的な味わいに。


白井操(しらい・みさお)/料理研究家


柔らかな語り口と温かみのある料理で知られる料理研究家。NHK「きょうの料理」で20年にわたり講師を務める。健康面にも気を配った料理をはじめ、心豊かな暮らしのエッセンスを提案している。

神戸大使。兵庫県ひょうご「食」担当参与。近著に、食卓で生まれる心の絆をトークで伝えるレシピ本「笑顔の食卓」(燃焼社)、「五国豊穣ひょうごのうまいもん巡り」(神戸新聞出版センター)、他著書多数。

白井操クッキングスタジオホームページ

http://www.misao-cooking.com/


白井先生のエッセイ&その他のレシピはこちら



メルマガ登録はこちら