新じゃがのベイクドポテト 味噌アーモンドパウダーかけ

2015.03.01


新じゃがの旬をまるごといただくお手軽レシピ。アーモンドパウダーがほどよくからんでほくほくおいしい!


材料


新じゃが芋 … 適量
ピュアパウダーアーモンド 味噌味 … 適量
塩、黒こしょう、オリーブ油 … 適量
サラダ油 … 適量
フリルレタス … 適量

手順


  1. 新じゃが芋はタワシでよく洗う。
  2. 軽くラップに包んで皮つきのまま竹串がスッと通るまで電子レンジにかける。
  3. 食べよい大きさに切り、フライパンにサラダ油を馴染ませて新じゃが芋を色よく焼く。
  4. 器に盛り、好みで塩と黒こしょうを軽くふり、”ピュアパウダーアーモンド味噌味”とオリーブ油少々を適量かける。 ※皮が厚くて気になる時は、皮をむいて使います。


薄い皮が初々しいじゃがいもは皮も一緒に召し上がれ。
味噌味のアーモンドパウダーが味わいのアクセントに。


白井操(しらい・みさお)/料理研究家


柔らかな語り口と温かみのある料理で知られる料理研究家。NHK「きょうの料理」で20年にわたり講師を務める。健康面にも気を配った料理をはじめ、心豊かな暮らしのエッセンスを提案している。

神戸大使。兵庫県ひょうご「食」担当参与。近著に、食卓で生まれる心の絆をトークで伝えるレシピ本「笑顔の食卓」(燃焼社)、「五国豊穣ひょうごのうまいもん巡り」(神戸新聞出版センター)、他著書多数。

白井操クッキングスタジオホームページ

http://www.misao-cooking.com/


白井先生のエッセイ&その他のレシピはこちら



メルマガ登録はこちら