骨付き鶏からとるソーセージのスープ

2017.04.01


パセリやにんにく、チーズの旨みと、まろやかに調和するカシューナッツの香ばしい風味とコク。
春を感じる緑のソースで仕上げるスープです。


材料


鶏手羽元 … 3本
白いソーセージ … 3本
新じゃが … 中2個
玉葱 … 1/2個
ミックスビーンズ(ゆで) … 50g
絹さや … 適量

[A]
緑のソース(作りやすい分量)
イタリアンパセリ(茎を除いて) … 約1カップ分
カシューナッツ(無塩) … 30g
ピクルス … 1本
パルミジャーノレッジャーノ(粉) … 10g
にんにく … 小1/2片
パン粉 … 大さじ1
塩 … 小さじ1/3

手順


  1. 鶏手羽元はさっと熱湯にくぐらせ、水800mlに入れて弱火で約1時間炊き、こす。
  2. フードプロセッサーにAを入れて撹拌し、緑のソースを作る。(フードプロセッサーがなければ、包丁でたたいてみじん切りにする。)
  3. ソーセージは一口大に切る。新じゃがは大きめの乱切りにする。玉葱は乱切りにする。絹さやは筋を除き、さっとゆがいて小ぶりに切る。
  4. (1)のチキンスープ500mlにじゃがいもと玉葱を入れて火にかけ、じゃがいもに竹串がスッと通るようになればソーセージとミックスビーンズを加えて2~3分煮る。塩約小さじ1/2(分量外)を加えて火を止める。器に盛り、絹さやを散らす。※緑のソースをスープに添えて。パンにつけたりスープに加えたりする。パスタやベイクドチキンなどにも。※スープを取った鶏手羽元は、身をほぐし調味料を足して和え物や混ぜご飯の具に。


緑のソースはパンにもよく合います。いろんな使い方ができる便利なソースです。


白井操(しらい・みさお)/料理研究家


柔らかな語り口と温かみのある料理で知られる料理研究家。NHK「きょうの料理」で20年にわたり講師を務める。健康面にも気を配った料理をはじめ、心豊かな暮らしのエッセンスを提案している。

神戸大使。兵庫県ひょうご「食」担当参与。近著に、食卓で生まれる心の絆をトークで伝えるレシピ本「笑顔の食卓」(燃焼社)、「五国豊穣ひょうごのうまいもん巡り」(神戸新聞出版センター)、他著書多数。

白井操クッキングスタジオホームページ

http://www.misao-cooking.com/


メルマガ登録はこちら