アーモンド入りみそおでん

2019年01月07日
白井操先生のナッツレシピ
アーモンド入りみそおでん

おでん種を串に刺し、昆布だしで温めながら、練り味噌をつけて味わうおでん。
アーモンドのコクが練り味噌をより深い味わいに。


材料


練りみそ


材料 数量
ピュアパウダーアーモンド 適量
味噌 1/2カップ(味噌の辛さで加減する)
だし 1/4カップ
砂糖 大さじ2強
大さじ4
みりん 大さじ3

おでん種


材料 数量
大根、ちくわ、こんにゃく、ソーセージなど 適量
だし昆布・ゆずの皮 適量

下準備


土鍋に水とだし昆布を入れておく。


手順(練りみそ)

  1. 木じゃくしが動かせるほどの鍋にみそを入れ、弱火にかける。木じゃくしでざっと味噌を広げ、砂糖、酒、みりんの材料を入れ、よくかき混ぜる。
  2. だしを入れながら木じゃくしでゆっくり味噌をのばしていき、少し煮詰め、ピュアパウダーアーモンドを加える。好みでゆずの皮を刻んだものを入れる。
  3. おでん種は下茹でするなど下ごしらえをして竹串にさす。
  4. 昆布と水が入った土鍋を中火にかけ、だしが出たころ、中央に練りみそ(耐熱の器に入れる)を据え、それぞれの具を周りに入れ、煮えた順にみそをつけて食べる。


具材に串を刺し、鍋を囲むおでんのスタイル。下茹でのみでOKなので手軽です。
ソーセージなど具材を自由に楽しんで。


白井操(しらい・みさお)/料理研究家


柔らかな語り口と温かみのある料理で知られる料理研究家。NHK「きょうの料理」で30年近く講師を務める。健康面にも気を配った料理をはじめ、心豊かな暮らしのエッセンスを提案している。

神戸大使。兵庫県ひょうご「食」担当参与。近著に、食卓で生まれる心の絆をトークで伝えるレシピ本「笑顔の食卓」(燃焼社)、「五国豊穣ひょうごのうまいもん巡り」(神戸新聞出版センター)、他著書多数。

白井操クッキングスタジオホームページ

http://www.misao-cooking.com/


白井先生のエッセイ&その他のレシピはこちら

白井先生のエッセイ&その他のレシピはこちら