レーズンの酢漬けをヨーグルトにトッピング

2019年11月06日
白井操先生のナッツレシピ

オーストラリア生まれ有機栽培の干しぶどうはおいしくてリーズナブル。    
砂糖に代わる干しぶどうの甘味を、デザートはもちろん、煮物や焼いた豚肉のソースとして毎日のおかずにも活かして。    


材料(作りやすい分量)


材料 数量
レーズン 適量
米酢 適量
ヨーグルト 適量

手順


1.レーズンに米酢を浸るほど入れて一晩ほど置き、馴染ませる。
2.レーズンが柔らかくなったら、お酢も一緒にヨーグルトに適量かける。



干しぶどうを浸けた酢の残りは、甘味と旨みを含んでいます。煮物に足したり、醤油を少し加えて、焼いた肉の仕上げにかけるソースとして大活躍。便利な調味料として幅広く使えます。


白井操(しらい・みさお)/料理研究家


柔らかな語り口と温かみのある料理で知られる料理研究家。NHK「きょうの料理」で30年にわたり講師を務める。健康面にも気を配った料理をはじめ、心豊かな暮らしのエッセンスを提案している。

神戸大使。兵庫県ひょうご「食」担当参与。近著に、食卓で生まれる心の絆をトークで伝えるレシピ本「笑顔の食卓」(燃焼社)、「五国豊穣ひょうごのうまいもん巡り」(神戸新聞出版センター)、他著書多数。

白井操クッキングスタジオホームページ

http://www.misao-cooking.com/


白井先生のエッセイ&その他のレシピはこちら

白井先生のエッセイ&その他のレシピはこちら