ほうれん草のごまくるみ和え

2020年01月14日
白井操先生のナッツレシピ
ほうれん草のごまくるみ和え

くるみの栄養を日々の惣菜にプラス。いつものごま和えがおしゃれな小鉢に。


材料(2人分)


材料 数量
くるみ(無塩) ひとつかみ(約20g)
ほうれん草 大1束(約230g)

調味料A


材料 数量
だし(かつおと昆布) 大さじ3
すりごま 大さじ1強
しょうゆ 小さじ2

手順


1、冬に美味しくなるほうれん草は、根を除き根元の赤い部分に切り目を入れて丁寧に砂を洗い流す。
2、鍋に熱湯をたっぷり沸かし、根元から湯に入れて少々長めに湯がき、水にとる。2回ほど水を変えながらさらす。
3、食べやすい長さに切り、キッチンペーパーで包み水気を絞る。
4、Aを合わせてほうれん草を和え、仕上げに手でつぶしたくるみを加える。



冬のほうれん草はアクが強い分、美味しくて栄養がたっぷり。
ほうれん草のごま和えにくるみをトッピングするだけで、栄養バランスが良くなるだけでなく、風味と食感がおいしく楽しく変化します。


白井操(しらい・みさお)/料理研究家


柔らかな語り口と温かみのある料理で知られる料理研究家。NHK「きょうの料理」で30年にわたり講師を務める。健康面にも気を配った料理をはじめ、心豊かな暮らしのエッセンスを提案している。

神戸大使。兵庫県ひょうご「食」担当参与。近著に「兵庫の酒がつなぐ30の物語」、食卓で生まれる心の絆をトークで伝えるレシピ本「笑顔の食卓」(燃焼社)、「五国豊穣ひょうごのうまいもん巡り」、他著書多数。

白井操クッキングスタジオホームページ

http://www.misao-cooking.com/


白井先生のエッセイ&その他のレシピはこちら

白井先生のエッセイ&その他のレシピはこちら