ナッツの美味しさを保つ包装容器について

2019.06.25
ナッツ、ドライフルーツの正しい保存方法

日本における食品包装の歴史は、食料が安定的に供給された第二次世界大戦後、栄養状態の改善がみられた時期から始まりました。現在、日本は世界でも有数の安全志向と言われ、食における「品質の安全・安心」「包装容器の安全・安心」の意識は今まで以上に高まっています。

東洋ナッツ食品では、「金属缶容器(スチール缶)」「プラスチック製容器包装(袋・カップ)」を使用しています。今回は工場で包装されてから皆さまの家庭に届くまで、ナッツのおいしさを保つ容器包装の特性や工夫をご紹介します。

関連記事も合わせてご覧ください。
ナッツ・ドライフルーツの上手な保存方法
ナッツの美味しさを守る品質保持剤のおはなし


➀金属缶容器(スチール缶)


優れた保存性



金属製容器の中でも、硬くて丈夫な「スチール缶」を使用しています。スチール缶は紫外線による変質や湿気、そして酸素による酸化から中身を守ることのできる優れた保存性があります(※1)。
また、表面処理を施すことで開缶後のサビの発生を抑制しています。


外部から衝撃を守ります



東洋ナッツ食品の缶胴には凹みが2本入っています(※2)。これは【ビード】といわれ、缶を落としてしまった場合に外からの衝撃から守るだけでなく、振動を吸収して緩和する作用があります。スチール缶は特に衝撃吸収率が高いため、床に落とした場合でも中身へのダメージを軽減させることができます。


※1 缶詰の日持ちは未開封の状態に限ります。東洋ナッツ食品では保存料を使用していないため、開封後はできるだけお早めにお召し上がりいただくことをお勧めしています。
※2 少量サイズの缶製品においてはビード(凹み)は入っておりません。


➁プラスチック製包装(袋)


美味しさを閉じ込める3層フィルム


厚さ数ミクロンから数十ミクロンしかない包装袋ですが、実は様々な材質のフィルムが重なって出来ています。
内側から順に
①ポリプロピレン(透明・防湿性が高い)
②蒸着ポリエステルフィルム(酸素・湿気のバリア性が高い)
③ポリプロピレン(透明・防湿性が高い)
となっています。
3層構造にすることで、缶製品と同様にナッツの味や香りを保っています。


美味しさを維持する保存方法


一度開封したナッツは、空気中に含まれる水分や酸素を吸い込むことにより品質(味・食感)の劣化や、ナッツ全体の酸化を進行させます。開封後はチャック部をきっちりと閉めて冷蔵庫で保管すると良いです。
※賞味期限は開封前の日付です。


③プラスチック製包装容器(カップ)


業界初の新鮮充填パック



ナッツの大敵である酸化を防ぐには、「酸素になるべく触れないこと」が一番大切です。カップ容器のTerra grano(テラ グラーノ)では、MAP(ガス置換包装)と呼ばれる、容器の空気を抜いてから窒素ガスを封入する方法を採用しています。この方法により、通常の製品よりも更に低い残存酸素率を実現しました。カップ容器とTOPフィルムにも高バリア性素材を使用しているため、フレッシュな食感と香りが味わえます。


形状にもこだわっています



ナッツに含まれる栄養素は習慣的に摂ることが重要です。Terragranoは、ナッツを習慣化しやすくするために、「つまみやすくこぼれない角度」をカップの形状に採用。東洋ナッツ食品が1日に推奨する量のナッツをパックし、ワーキングデー週5日分(5パック)を1箱にまとめています。

製品情報はこちら
"ちょうどいいナッツ" Terra grano (テラ・グラーノ)新登場


まとめ


包装容器は、ナッツの品質保持を目的として、皆さまにナッツを安全安心に召し上がっていただくという重要な役割を果たしています。
普段何気なく触っている身の回りの食品容器も、注目してみてみると面白い発見があるかもしれません。どんな容器でも温度や湿度の高いところに長期間保存すると、品質は低下してしまいます。未開封の場合でも直射日光や高温多湿を避けて保存しましょう。

関連記事も合わせてご覧ください。
ナッツ・ドライフルーツの上手な保存方法
ナッツの美味しさを守る品質保持剤のおはなし