ナッツ・ドライフルーツの上手な保存方法

2019.02.27
ナッツ、ドライフルーツの正しい保存方法

ナッツ・ドライフルーツは季節や環境によって保存方法を変えたほうが良いことをご存知ですか?
どんなに密閉された商品でも、ひとたび封を開けると酸化が進み、劣化して風味が失われてしまいます。
そんな大敵ともいえる酸化からナッツ・ドライフルーツを守り、毎日おいしくお召し上がりいただくための正しい保存方法をご紹介します。


ナッツ・ドライフルーツを保存する上で気をつけたいポイント!!




ナッツ・ドライフルーツを保存する上で気をつけたいポイントは
1.保存容器
2.保存場所
3.保存期間  の3つです。

それぞれ詳しくご紹介します。


ポイント➀ 保存容器



◆ナッツ


ナッツに含まれる天然由来の油脂は、空気に触れると傷むスピードが早まる原因になります。
チャック付き袋の場合、できるだけ空気を抜いて密閉状態で保存してください。缶入りの場合は空気を抜いて蓋をすることは出来ないので、そのまま蓋をして保存しましょう。


◆ドライフルーツ


ナッツと同じで、チャック付き袋に入れることがオススメです。
100円ショップなどで密閉できる瓶と乾燥剤を買って保存すればさらにベストです。


ポイント➁ 保存場所



◆ナッツ


ナッツは光にも弱いため直射日光を避けた冷蔵庫が最適な場所です。
加熱加工したナッツはできる限り低温(20℃以下)にすることで酸化(油っぽい味になること)を遅らせることができます。
冷蔵庫から出したあとは、中の温度が室温に近くなってから開封しましょう。


※冷凍庫の場合※
ナッツを冷凍庫で保存すると、食感が固くなる場合があります。特に水分の多いカシューナッツは固くなりやすいです。


◆ドライフルーツ


未開封の場合は直射日光を避けた場所での保存が好ましいです。ただし、梅雨の時期や夏場は湿度が高く気温も高いため一定の温度が保てる冷蔵庫をオススメしています。 開封後は湿気や温度でカビが生えることがあるため、基本的には冷蔵庫での保存になります。

※冷凍庫の場合※
ドライフルーツは冷凍させるとフルーツの中の繊維が凍ってしまい、美味しくなくなるので注意してください。

ポイント➂ 保存期間(開封後)



◆ナッツ


一度開封したナッツは一ヶ月以内を目安に食べきりましょう。
袋や缶蓋の開け閉めを繰り返すことでナッツの酸化は進んでいきます。


◆ドライフルーツ


ドライフルーツは本来保存食なので基本的には長期間の保存がききます。しかしドライフルーツの種類や含まれている水分によって大きな違いがあり、賞味期限も数か月~1年と大幅に変わってきます。特にプルーンは水分値が高いため、一度空気に触れるとカビや劣化が進みます。開封後はなるべくお早めにお召し上がりください。


まとめ



ナッツ・ドライフルーツは 酸化・湿気・直射日光 に要注意!
湿気がなく、直射日光が当たらない冷蔵庫が一番最適なので、できるだけ冷蔵庫で保存するようにしましょう。
袋や缶に記載されている賞味期限は 開封前 です。
開封後はなるべく早くお召し上がることをおすすめします。