【アーモンドの育て方】 苗木の手入れ

アーモンドの苗木の手入れ【剪定部分・台木の処理 / 水やり】


写真は、アーモンドフェスティバルで毎年販売する苗木を植え、約2週間後に撮影したものです。


・台木の芽摘み



アーモンドの苗木は、別の種の台木に穂木としてアーモンドの枝を挿し木されたものが多いです。 苗木を植える際、接ぎ木部分を土の上に出して植えるので、土と接ぎ木部分から蘖(ヒコバエ)が出てきます。 それは、アーモンドの芽ではありませんので、見つけたら摘んであげてください。そのままにしておくとアーモンドが枯れる場合があります。




・剪定部分の手入れ



指の太さほどの苗木を短く剪定した際の切り口は、大きな切り口とは違い樹木の成長に影響しないことが多いです。しかし、心配性でアーモンドが可愛い、ウチの花咲か爺さんは、切り口の保護に薬品を使っております。 幹からの水分の蒸発を防ぎ、腐朽菌などの進入を防ぎ、これにより樹木の負担を減らしているそうです。 剪定については、また詳しくまとめさせて頂きます。



カルスメイト(富士商事)を使用しております。
他にトップジンMペースト(住友化学園芸)などでも構いません。

木にも傷ついた時のお薬があるんですね。



・水やり


アーモンドは、乾燥にも強い植物ですが、苗木(幼木1~3年)の間は表面の土が乾いたらたっぷり水をあげてください。 夏場は、早朝か日没後が良いです。 鉢植えの場合は、底に皿などは置かないで水捌けをよくしてあげてください。 地植えで水捌けが悪い場所では、根腐れを起こすことがありますので注意してください。

※「咲かそうアーモンド」に記載のアーモンド栽培方法は、兵庫県神戸市で1979年からアーモンドを育てきた記録に基づくものです。
地域や環境など違いますが、栽培方法ひとつとして参考にしていただければ幸いです。
また東洋ナッツ食品では、アーモンドを収穫の為ではなく、ナッツメーカーとしてアーモンドの木を身近に感じてもらうために栽培を続けております。

毎年3月には、地域のイベントとして庭園を開放してアーモンドのお花見会「アーモンドフェスティバル」を開催しております。 咲かそうアーモンドまとめ記事はこちらから