ナッツは妊娠前~妊娠中のお母さんにオススメのおやつです

2019.09.26

赤ちゃんに必要な栄養素は全て、お母さんの血液とへその緒を通じて届けられるためお母さんの食生活や健康維持は赤ちゃんの成長・発育にとっては欠かせません。
妊娠を考えられている、もしくは妊娠中にナッツを食べても大丈夫なのか心配されている女性のために今回はお母さんと赤ちゃんに必要な栄養素を含むナッツをご紹介します!


赤ちゃんの成長はママの「食生活」から始まります


お母さんの食べたものは全て赤ちゃんに届けられる、といっても過言ではないほど妊娠中のお母さんの食生活は重要です。
妊娠期別に必要な栄養素、そして栄養素を含んでいるオススメのナッツをご紹介していきます♪


妊娠前~妊娠初期(~16週)


葉酸



妊娠前~初期に最も必要な栄養素
葉酸は赤ちゃんの細胞や神経が形成されるとき非常に重要な役割を果たしています。お母さんは妊娠前もしくは妊娠が分かったときに葉酸を摂ることで、赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」のリスク低減に繋がります。くるみにはこの葉酸が含まれており、その他ブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜にも含まれています。


 


妊娠中期(16~28週)


鉄分



お母さんは血液中の鉄分が少なくなります
この時期では赤ちゃんの成長が進み、お母さんの体内では生理現象により循環血液量が約1ℓ増えるといわれています。しかし赤血球そのものは増加しないため結果、血液は薄まり貧血が起こりやすくなります。カシューナッツには、この鉄分が含まれており、脂身の少ない牛もも肉などと一緒に食べるのもオススメです。


 


妊娠後期(28週~)


カリウム



この時期多くのお母さんが経験する「むくみ」
女性ホルモンのバランスが崩れ、皮下組織に水分を溜め込む作用が働きます。さらに、ぐんぐん大きくなる子宮が太ももの付け根部分を圧迫し下半身から心臓へ戻る血液の流れが滞ることも原因の一つ。この時期には、むくみを解消するカリウムを多く含んでいるピスタチオがオススメ。塩や油を含まないものを選びましょう。


 


その他


カルシウム



赤ちゃんの成長にはカルシウムが必要です
妊娠中、お母さんの体内ではカルシウムの吸収率は上がっているため多く摂る必要はありません。しかしこれは「必要なカルシウム量(20代女性であれば推奨量650mg)をきちんととっていれば」という場合。今の女性はカルシウムが不足しているといわれており、妊娠中でもカルシウムは積極的に摂取することがオススメです。アーモンドはナッツの中で最も多くカルシウムを含んでいます。


 


まとめ


赤ちゃんはお母さんの食べたもので成長していきます。自分の食生活が赤ちゃんを「育む」という意識を忘れずに、ナッツを取り入れた食生活に変えてみてはいかがでしょうか。


※妊娠初期は食事量が減少しますので、無理にナッツを食べる必要はございません。
また体重コントロールや妊娠に伴う疾病をお持ちの場合、また何かしらのアレルギーをお持ちの方は必ず主治医に相談するようにしましょう。