ナッツを食べたら太ってしまうは嘘!?ナッツはダイエットや健康の味方になります

2019.09.03
ナッツを食べたら太ってしまうは嘘!?ナッツはダイエットや健康の味方になります

「ダイエット中は油が少ない食事をすれば痩せる」「カロリーと油が多いナッツは太る」と思っている方はいませんか?食べ物が体に与える影響は、カロリーや油の多さで測れるものではありません。
ナッツはカロリーや油が多いのになぜダイエットにおすすめ??今回はその疑問を解明していきます!

関連記事も合わせてご覧ください
栄養たっぷりのナッツは間食におすすめ!1日の摂取目安量を確認しましょう


油は「量」よりも「質」がポイントです


ダイエットしている方はもちろん、普段の食生活において油の多い食べ物は控えなければというイメージがあります。しかし、油の多い食べ物すべてが体に悪いわけではありません。
実は、油の種類によって健康やダイエットの味方になってくれるものもあります。

油は「摂り過ぎに注意すべき油(飽和脂肪酸)」と、「積極的に摂りたい油(不飽和脂肪酸)」に分かれています。健康やダイエット中に必要なのはもちろん「積極的に摂りたい油」ですよね。
多くのナッツは1粒の約半分(もしくは半分以上)がこの「積極的に摂りたい油」でできています。ではナッツに含まれている「積極的に摂りたい油」とは一体どんなものなのでしょうか。


ナッツに含まれている「積極的に摂りたい油」とは


「積極的に摂りたい油(不飽和脂肪酸)」は血糖値上昇を抑える、新陳代謝のスピードを上げるなどダイエットのサポートになることはもちろん、乾燥肌の予防や血管の健康に効果があるといわれています。この「積極的に摂りたい油」を普段の食生活に上手く取り入れることで痩せやすい体のサイクルをつくることができます。

ナッツにはダイエット中に必要なビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、あわせて見ていきましょう。


アーモンド


ナッツを食べたら太ってしまうは嘘!?ナッツはダイエットや健康の味方になります

アーモンド1粒の半分以上にはオレイン酸が含まれ、血液中のコレステロール値をコントロールする働きがあります。善玉コレステロールはそのまま、悪玉コレステロールを減らすため血栓予防の効果も期待できます。また糖の吸収スピードを緩やかにするマグネシウムも豊富に含んでいるので糖尿病の予防にもなります。
1日の目安量:23粒




カシューナッツ


ナッツを食べたら太ってしまうは嘘!?ナッツはダイエットや健康の味方になります

カシューナッツにもアーモンドと同じオレイン酸が含まれています。さらに、糖質代謝に欠かせないのがカシューナッツに含まれているビタミンB1。糖質の分解が滞ると、疲労物質である乳酸が溜まり疲れやすい体になってしまいます。体に必要なミネラルの一つである亜鉛も多く含まれるので、亜鉛不足に陥りがちなダイエット中やインスタント食品中心の食生活にはもってこいです。
1日の目安量:10粒


ピスタチオ


ナッツを食べたら太ってしまうは嘘!?ナッツはダイエットや健康の味方になります

ピスタチオにもオレイン酸が含まれています。ピスタチオには糖質、脂質、たんぱく質の三大栄養素を効率よくエネルギーに変えてくれるビタミンB群が含まれています。沢山食べていないのに体重が増えた、という方はこのビタミンB群が不足している可能性があります。女性の大敵であるむくみを解消してくれるカリウムも豊富に含まれているので、むくみが気になる方にもオススメ。
1日の目安量:20粒


くるみ


ナッツを食べたら太ってしまうは嘘!?ナッツはダイエットや健康の味方になります

くるみには人間にとって欠かせないオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)がナッツの中で最も多く含まれています。オメガ3脂肪酸は悪玉コレステロールと中性脂肪を下げるため、糖尿病やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病予防に効果があるといわれています。また、脳の発達にも必要な栄養素の1つです。
1日の目安量:10粒


マカデミアナッツ


ナッツを食べたら太ってしまうは嘘!?ナッツはダイエットや健康の味方になります

マカデミアナッツ1粒は約75%が油で、その8割にオレイン酸パルミトレイン酸。噛み応えがあることから満腹感を感じやすく、血糖値の急上昇を抑える働きが期待されます。普段のおやつ以外にも、スポーツをする1~2時間前に食べるのがオススメ。
1日の目安量:5粒



1日に色んなナッツを食べたい!という方は、25g(片手に一杯)を目安にミックスしてくださいね。

まとめ


ナッツは「積極的に摂りたい油(不飽和脂肪酸)」を多く含むため消化に時間がかかり、次の食事で食べる量を抑えることが出来るのでダイエット中にはおすすめの食べ物です。
ダイエットしたいけど、運動は苦手。食事の改善なかなかも続かない…という方。まずは毎日のおやつをナッツに変えてみてはいかがでしょうか。

※ナッツの【食べ過ぎ】はダイエットを妨げる場合もあります。1日の摂取目安量は自分の片手に一杯です。くれぐれも過剰摂取にはご注意ください。
※一部のナッツはアレルギー特定原材料に含まれています。アレルギー体質の方、または何かしらアレルギーをお持ちの方は必ず医師に相談してから摂るようにしましょう。


関連記事も合わせてご覧ください
ナッツを食べるとニキビができるのは嘘!?
ナッツを食べると便秘になるのは嘘!?