ナッツを食べると便秘になるは嘘!?ナッツは便秘を改善します

2019.09.11
ナッツ、ドライフルーツの正しい保存方法

「脂質やカロリーが多いナッツは消化吸収が悪いので便秘になる」と聞いたことありませんか?
健康や美容のために、と食べているナッツが本当に便秘の原因となってしまうのでしょうか。
今回はナッツと便秘にまつわる真実を紹介します!


便秘の種類




そもそも便秘とは、毎日排便しないことや回数が少ない、お腹の張りや残便感を感じることをいいます。しかし、毎日排便しなくても残便感を感じなければそれは便秘とはいいません。
さらに、「便秘」には3つのタイプに分かれ、原因もそれぞれあります。


(1)弛緩性便秘(大腸の運動が低下)
(2)けいれん性便秘(大腸が過緊張)
(3)直腸性便秘(直腸部分に便が溜まる)


この中でも(1)の弛緩性便秘を改善するのに「ナッツ」がオススメです。


弛緩性便秘とは



弛緩性便秘とは、女性や高齢者に一番多いタイプといわれており腹筋の低下などにより大腸が便を押し出す力が不足し「腸が動かない」ことが原因。「動かない腸」を動かすようにするには、腸を刺激することが必要です。
そこで東洋ナッツ食品では、
 不溶性食物繊維 と 不飽和脂肪酸  を多く含むナッツをオススメしています。


ナッツに含まれる不溶性食物繊維


食物繊維には水に溶ける「水溶性食物繊維」と水に溶けにくい「不溶性食物繊維」の2種類に分かれています。不溶性食物繊維は水分を含むことで膨れ上がりその結果、腸を刺激し活発にさせる働きがあります。
この不溶性食物繊維は、アーモンド、ピスタチオ、くるみ  に多く含まれています。


アーモンド

ピスタチオ


くるみ


※不溶性食物繊維を食べ過ぎると、かえって便秘を招く(悪化する)可能性がありますので、1日25g(片手一杯ほど)を目安にお召し上がりください。

ナッツに含まれる体にいい油


便秘を改善するのに必要なものは「水分」「食物繊維」「発酵食品」などがありますがもう一つ必要なもの、それが「積極的に摂りたい油(不飽和脂肪酸)」です。
「積極的に摂りたい油(不飽和脂肪酸)」は食べても体の中で固まらず、また小腸での消化・吸収に時間がかかるため腸を刺激して活発にするなどの整腸作用があります。

このオレイン酸はアーモンド、ヘーゼルナッツ、ピーカンナッツ に多く含まれています。


アーモンド

ヘーゼルナッツ


ピーカンナッツ


まとめ


便秘は運動不足、ストレス、加齢、など様々な原因がありますが、栄養バランスの乱れなど普段食べているものが大きく影響しています。
腸の不調を感じたら、間食や食事にナッツを取り入れて腸が喜ぶ食生活を送ってみてはいかがでしょうか。

※ナッツの【食べ過ぎ】は便秘を起こす(悪化させる)場合もありますのでご注意ください。
1日に25g(片手一杯)を目安にお召し上がりください。
※一部のナッツはアレルギー特定原材料に含まれています。アレルギー体質の方、または何かしらアレルギーをお持ちの方は必ず医師に相談してから摂るようにしましょう。



関連記事も合わせてご覧ください
ナッツを食べるとニキビができるのは嘘!?
ナッツを食べると太ってしまうは嘘!?