ナッツを食べるとニキビが出るのは嘘!ナッツは美肌づくりをサポートします

2019.08.19
ナッツ、ドライフルーツの正しい保存方法

皆さんは「ナッツを食べるとニキビが出る!」という話を聞いたことはありませんか?
健康と美容のために食べているナッツが、肌荒れの原因になる?と半信半疑の人のために、今回はナッツとお肌について詳しくご紹介します!


ナッツがニキビの原因といわれてしまう理由




多くのナッツは高エネルギー、高たんぱく質、高脂質な食べものです。 それもそのはず、ナッツ1粒はおよそ半分(もしくは半分以上)が油でできています。
油が多い食べ物の食べ過ぎは肌荒れやニキビの原因となるといわれていますが、この場合は揚げ物やスナック菓子に含まれる【体にとってよくない油】のこと。それがいつしか油を多く含むナッツを食べることは肌荒れに繋がる、といわれるようになりました。
しかしナッツに含まれるのは【体にとって必要な油】いわゆる良質な油を多く含んでいます。
さらに、ナッツは体や肌の健康に欠かせない良質な油だけでなく、お肌の代謝を高めるといわれているビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

ナッツはお肌にとって必要な栄養素がたくさん!


ナッツはそれぞれ樹木の種類が違うため、含まれている油やビタミン、ミネラルの種類も違います。
お肌に必要な栄養素をもつナッツについて、またそれぞれのナッツの1日目安量もご紹介していきます!


アーモンド



アーモンド1粒の約半分以上に含まれるオレイン酸は人間の肌の皮脂に最も多く含まれ、乾燥や刺激から守る働きがあります。
さらに手のひら一杯のアーモンド(約23粒、約30g)に日本人が1日に必要なビタミンEが含まれています。ビタミンEは肌トラブルの原因となる活性酸素を抑制する働きがあります。
1日の目安量:23粒



カシューナッツ


アーモンドと同様、カシューナッツに含まれる油の半分以上がオレイン酸です。
また、お肌の新陳代謝を行い新しい細胞を作り出す効果のある亜鉛も多く含まれています。
1日の目安量:10粒



ピスタチオ


美肌つくりには血管を通してお肌へ栄養や酸素が運ばれることも必要。中性脂肪やコレステロールでドロドロになった血液では栄養が届かず肌トラブルの原因になります。ピスタチオの緑色にはクロロフィル(葉緑素)が含まれており、血管に中性脂肪がたまるのを防ぎ、血液の流れをよくする作用があります。
1日の目安量:20粒



くるみ



くるみは今注目を浴びているオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)がナッツ類の中で最も多く含まれています。またこのオメガ3脂肪酸は、青魚に多く含まれる脂肪酸と同じ仲間です。 オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにし、血液の流れをよくすることでお肌のターンオーバーを整える働きがあります。
1日の目安量:10粒



マカデミアナッツ



マカデミアナッツには、お肌にハリとつやをもたらすのに効果的なパルミトレイン酸が含まれています。しかもこのパルミトレイン酸、他の食品ではなかなか得られないマカダミアナッツならではと言える成分で、ナッツ類の中でも圧倒的に多く含まれています。
1日の目安量:5粒

1日に色んなナッツを食べたい!という方は、25g(片手に一杯)を目安にミックスしてくださいね。


まとめ


「油が多いナッツは肌に悪い!」と勘違いされることが多いですが、ナッツにはお肌にとって嬉しい良質な油やビタミン、ミネラルが多く含まれています。
ナッツに含まれる良質な油は肌荒れの原因ではなく、肌荒れの原因やトラブルを整える役割があります。
私たちのお肌や身体は今までの食生活で作られています。今日からの食生活にナッツを取り入れて体の中から美肌つくりに努めましょう!

※ナッツの【食べ過ぎ】はお肌のトラブルを招く場合もあります。1日の摂取量は自分の片手でひと握り分が目安です。過剰摂取にはくれぐれもご注意ください。
※一部のナッツはアレルギー特定原材料に含まれています。アレルギー体質の方、または何かしらアレルギーをお持ちの方は必ず医師に相談してから摂るようにしましょう。


関連記事も合わせてご覧ください
ナッツを食べると便秘になるは嘘!?
ナッツを食べると太ってしまうは嘘!?