産後・授乳中のお母さんにも安心のおすすめナッツとは?

2019.10.23
ナッツ くるみ クルミ カシューナッツ アーモンド 産後 授乳 妊娠 お母さん 出産 おすすめ オススメ おやつ 間食 授乳 お母さん ママ 

「授乳中のお母さんに油が多い食べ物は好ましくない」という意識から、カロリーや油が多いナッツは避けるべき、と思われがち。
しかし、ナッツは母乳に必要な栄養、産後の体をいたわるビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。

今回は産後・授乳中のお母さんにおすすめのナッツ3つをご紹介します!


 


 


カシューナッツ


ナッツ くるみ クルミ カシューナッツ アーモンド 産後 授乳 妊娠 お母さん 出産 おすすめ オススメ おやつ 間食 授乳 お母さん ママ

母乳は血液から


 
意外と知られていないのが、「母乳は血液から作られる」ということ。
産後・授乳期のお母さんは母乳を作るための鉄分が必要になります。
カシューナッツはナッツの中で最も多く『鉄分』を含んでいます。
 
 


 


産後の抜け毛対策に


ホルモンバランスの乱れや生活の変化によるストレスで「分娩後脱毛症」「産後脱毛症」などの
脱毛が起きる場合があります。
カシューナッツに含まれる『亜鉛』は、たんぱく質から髪の毛の材料となるケラチンを作ることができる栄養素です。


 


クルミ


ナッツ くるみ クルミ カシューナッツ アーモンド 産後 授乳 妊娠 お母さん 出産 おすすめ オススメ おやつ 間食 授乳 お母さん ママ

赤ちゃんの脳や神経の発達に必要


クルミは脳や神経の成長を助ける『オメガ3脂肪酸』をナッツの中で最も多く含み、
約10粒で1日分が摂取できるといわれています。


 
 


血液の材料となる栄養素


葉酸』と聞けば、「妊娠前や妊娠中に必要な栄養素」といったイメージがありますが、
厚生労働省によると葉酸は妊娠前~卒乳まで意識して摂るべきと推奨しています。
 
血液を造るほか、産後の子宮回復を助ける働きもあります。



 


アーモンド


ナッツ くるみ クルミ カシューナッツ アーモンド 産後 授乳 妊娠 お母さん 出産 おすすめ オススメ おやつ 間食 授乳 お母さん ママ

妊娠中よりも授乳中の母体は骨密度が低くなります


授乳により1日210㎎の『カルシウム』が喪失するといわれています。
カルシウムの摂取量が少ない方は、意識して摂取しましょう。

片手一杯のアーモンド(約23粒)は納豆1パック(約50g)と同じのカルシウム量にあたります。




まとめ


赤ちゃんのご飯となる母乳はお母さんが口にしたものから作られています。
毎日忙しい産後・授乳期だからこそ、手軽に食べれるナッツを食生活に取り入れてみてくださいね♪
 
※一部のナッツはアレルギー特定原材料等に含まれています。アレルギー体質の方、または何かしらアレルギーをお持ちの方は必ず医師に相談してから摂るようにしましょう。
※ナッツの1日の摂取量は自分の片手一杯分が目安です。【過剰摂取】にはくれぐれもご注意ください。



ナッツを食べたら太ってしまうは嘘!?
 
ナッツの糖質量ってどれくらい?