産後・授乳中のお母さんにも安心のおすすめナッツとは?

2019.10.23
ナッツは授乳中のお母さんにオススメのおやつです

お母さんの食生活が大きく影響する母乳


妊娠中と同じで出産後のお母さんは、これから始まる「授乳」に備えて赤ちゃんと自分自身に必要な栄養素を摂っていきたいものです。
しかし、「授乳中のお母さんに油が多い食べ物は好ましくない」という意識から、カロリーや油が多いナッツは避けるべき、と思われてしまいがちです。
授乳中のお母さんはナッツを食べない方がいいというのは、果たして本当なのでしょうか?

関連記事も合わせてご覧ください
ナッツは妊娠前~妊娠中のお母さんにおすすめのおやつです


 


授乳中のお母さんにおすすめのナッツとは?


 


カシューナッツ


授乳中のお母さんに必要な栄養素を含んだナッツ

母乳は血液から


意外と知られていないのが、「母乳は血液から作られる」ということ。そのためお母さんは血液の元となる鉄分が必要になります。ナッツの中でも鉄分を多く含むカシューナッツを食べるのはもちろん、鉄分の吸収を高める「ビタミンC」や「たんぱく質」を多く含む食べ物と一緒に摂ると吸収率がアップします。


 


産後の抜け毛対策に


産後、ホルモンバランスの乱れや生活の変化によるストレスで「分娩後脱毛症」「産後脱毛症」などの脱毛が起きる場合があります。
カシューナッツに含まれている亜鉛は、食事で摂取したたんぱく質から髪の毛の材料となるケラチンを作ることができる栄養素です。


 


くるみ


授乳中のお母さんに必要な栄養素を含んだナッツ

赤ちゃんの脳や神経の発達に必要


くるみは脳や神経の成長を助けるオメガ3脂肪酸をナッツの中で最も多く含み、約10粒で1日分が摂取できるといわれています。
お母さんはくるみを食べるよう意識し、より多くのオメガ3脂肪酸を赤ちゃんに届けてあげましょう。


 


血液の材料となる栄養素


葉酸と聞けば、「妊娠前や妊娠中に必要な栄養素」といったイメージがありますが、厚生労働省によると葉酸は妊娠前~卒乳まで意識して摂るべきと推奨しています。母乳の材料となる血液を造っているほか、産後の子宮回復を助ける働きもあります。
妊娠中に引続き、出産後もくるみを食べてみてはいかがでしょうか。


 


アーモンド


授乳中のお母さんに必要な栄養素を含んだナッツ

妊娠中よりも授乳中の母体は骨密度が低くなります


お母さんは、授乳により1日210㎎のカルシウムが喪失するといわれますが、産後約半年で妊娠前の状態に戻ります。そのためカルシウムの付加量は設定されていませんが、現代の女性はカルシウム摂取量が推奨量を大きく下回っています。
アーモンドはナッツの中で最も多くカルシウムを含んでおり、片手一杯のアーモンド(約23粒)は納豆1パック(約50g)と同じのカルシウム量にあたります。



産後・授乳中のお母さんにオススメのナッツはこちらから購入できます

まとめ


赤ちゃんのご飯となる母乳はお母さんが口にしたものから作られているため、お母さんは必要な栄養素をしっかり摂った食生活を送るよう心がけましょう。
今日ご紹介したナッツ以外にも、お好きなナッツやドライフルーツで組み合わせを楽しんでみてくださいね♪

※一部のナッツはアレルギー特定原材料等に含まれています。アレルギー体質の方、または何かしらアレルギーをお持ちの方は必ず医師に相談してから摂るようにしましょう。
※ナッツの1日の摂取量は自分の片手一杯分が目安です。【過剰摂取】にはくれぐれもご注意ください。


関連記事もご覧ください。
ナッツって1日何粒まで食べていいの?正しいナッツの適正量を知りましょう