ドライフルーツで人気のレーズンは品種によって色や味もさまざまです

2019.09.05
レーズンの品種のおはなし

パウンドケーキやパンにはもちろん、サラダやカレーのトッピングにも使われるドライフルーツのレーズン。原料となるぶとうにも沢山の種類があるように、レーズンにも色や形が違うといった様々な種類があります。
そこで今回は、東洋ナッツ食品で扱うレーズンの品種についてご紹介したいと思います!


レーズンとは


レーズンは別名”干しぶどう”といわれており、その名の通りぶどうを乾燥させたものです。皆さんが普段食べているレーズンの大半はカリフォルニアで生まれ育ったレーズンです。
紀元前13世紀ごろから現在のスペインやイラン周辺でぶどうの栽培が行われ、同時にレーズンも作られていました。18世紀に入るとカリフォルニアが世界最大の生産地になり、現在ではオーストラリアやギリシャ、トルコでも生産されています。


レーズンの色は自然色素


レーズンの品種のおはなし

レーズンの原料であるぶどうは本来は緑色です。収穫後に2~3週間ほど太陽の下で天日乾燥させることで、ぶどうの中に含まれている糖からメイラード反応(※)が起こり、天然の茶色に変化します。
※メイラード反応とはぶどうに含まれる糖とアミノ酸が熱により結びつき、香ばしい風味と褐色の色が出る反応のことです。


レーズンの種類


レーズンは、その産地や原料によっていくつかの種類に分けられています。
今回は東洋ナッツ食品で扱われている4種類のレーズンについてご紹介します。


カルフォルニアレーズン


レーズンの品種のおはなし

■生産国:アメリカ合衆国(カリフォルニア)
■商品例:TNSFレーズン70g
世界におけるレーズン生産量の約40%はカルフォルニア産といわれています。皮の薄いぶどう品種「トンプソンシードレス」を乾燥させたもので、甘みだけでなくほのかに酸味も感じられます。大粒で一般的によく使われているレーズンです。


サルタナレーズン


レーズンの品種のおはなし

■生産国:オーストラリア など
■商品例:有機3種のレーズン80g(160g)
ぶどうの品種はカリフォルニアレーズンと同じ「トンプソンシードレス」ですが、こちらは乾燥時間が短く、カリフォルニアレーズンに比べて色が明るいです。ぶどう本来の甘さが適度に残っているのが特徴です。


カリーナカランツ


レーズンの品種のおはなし

■生産国:オーストラリア など
■商品例:有機3種のレーズン80g(160g)
オーストラリア特有の品種「ブラック・コリンズ」といわれる生命力が高いぶどうを乾燥しています。他のレーズンに比べると粒が小さく酸味が強いのが特徴的。カレンツ、カラントとも呼ばれています。


サンマスカット


レーズンの品種のおはなし

■生産国:オーストラリア
■商品例:有機3種のレーズン80g(160g)
オーストラリアの特定の地域のみで栽培されたマスカットを乾燥させています。
他のレーズンに比べ、ほのかに甘いマスカットテイストでワインやチーズと相性がピッタリです。


レーズンは糖質を多く含むため、くれぐれも食べ過ぎにはご注意ください。1/2カップが1日の摂取目安量です。


まとめ


ドライフルーツの中で最も目にする機会が多いレーズン、実は原料となるぶどうの種類によってたくさんの味や見た目に違いがありました。お近くのスーパーなどでレーズンを目にしたときは、その形や味にも注目してみてください。レーズンがお好きな方は是非食べ比べをしてみてはいかがでしょうか♪

※一部商品にはレーズンにオイル(植物性油脂)を使用しておりますが、全ての商品において砂糖や着色料は使用しておりません。
※また開封後は、保存容器に移すなどして直射日光・高温多湿をさけた場所で保管ください。


⇒関連記事 ナッツ・ドライフルーツの上手な保存方法