プルーンを食べて内側から美しく!嬉しい3つの美容健康効果について

2020.04.06
プルーンを食べて内側から美しく!嬉しい3つの美容健康効果について

持ち運びに便利なドライフルーツは女性をはじめ、最近はお子様からお年寄りまで幅広く人気を集めています。
中でもプルーンは美容と健康を支える栄養素を含むことから海外では「ミラクルフルーツ」とも呼ばれています。
今回はプルーンの豆知識、含まれる魅力的な栄養素そしておすすめの食べ方をご紹介します♪

関連記事も合わせてご覧ください
ドライフルーツで人気のレーズンは品種によって色や味もさまざまです


プルーンとは?


プルーンを食べて内側から美しく!嬉しい3つの美容健康効果について

梅や桜に似た白い花を咲かせます


プルーンはアーモンドや桜と同じバラ科のサクラ属で「西洋スモモ」の果実の総称です。

プルーンの歴史は大変古く、紀元前から原産地である西アジアで栽培されていました。その後民族の移動と共に19世紀ごろアメリカ合衆国へと広がり、現在ではカリフォルニア州が一大生産地となり世界の生産量の約40%を占めています。


 


プルーンに含まれる栄養素について


スモモ(プラム)を乾燥させたプルーンは、乾燥工程により水分が蒸発することで生のスモモよりも一部の栄養素が濃縮されています。


 


2種類の食物繊維が腸の動きを高める


プルーンを食べて内側から美しく!嬉しい3つの美容健康効果について

プルーンには、自らが善玉菌のエサとなる『水溶性食物繊維』と便の量を増やして腸壁を刺激する『不溶性食物繊維』が約50%ずつ含まれています。食物繊維と聞くと、お通じ改善効果のイメージがありますが最近では急激な血糖値の上昇を抑える効果も期待されています。

現在、食物繊維はほとんどの日本人に不足しているといわれているため水溶性と不溶性の食物繊維、両方が一度に摂れるプルーンは優秀な食べ物といえます。


 


日々変化する骨を丈夫に保つ


プルーンを食べて内側から美しく!嬉しい3つの美容健康効果について

意外にも骨の形成と女性ホルモンは密接な関係にあり、女性は50歳前後頃から女性ホルモン(エストロゲン)の分泌低下により骨量が低下し骨粗しょう症のリスクが高まります。
最近の研究では、1日あたり4~5粒のプルーンを日常的に食べれば骨の健康を保つ可能性が示されています。


 


美に役立つアンチエイジング効果


プルーンを食べて内側から美しく!嬉しい3つの美容健康効果について

プルーンに『ネオクロロゲン酸』といわれる抗酸化物質が含まれ、動脈硬化や血管疾患の原因となる悪玉(LDL)コレステロールの酸化を防ぐ効果が期待されています。プルーンはこのネオクロロゲン酸を含む野菜・果物の中でダントツに高いといわれています。
また抗酸化ビタミンの一つ『ビタミンA』も含んでおり、皮膚の血行を改善し肌の生まれ変わりを促進する効果もあります。


 


おすすめの食べ方


プルーンを食べて内側から美しく!嬉しい3つの美容健康効果について

プルーンは、1日約40g(4~5粒)食べると、様々な健康・美容効果が期待できます。

プルーンをもっと美味しく食べれるアレンジレシピはこちらから


 

まとめ


プルーンは砂糖不使用の自然と素材の甘みを感じられながらも噛み応えがあるため、美容意識の高い女性や健康が気になる高齢の方には嬉しい食材といえます。
是非、皆さんも自分のライフスタイルに合わせいつもの朝食や間食などに取り入れてみてはいかがでしょうか。


※プルーンは人によって食べ過ぎるとおなかが緩くなる場合があります。今回示す量はあくまでも目安として参考にし、何らかの持病をお持ちの方は必ず医師の指示に従ってください。

関連記事も合わせてご覧ください
まさにスーパーフード!アーモンドには美容と健康効果のある栄養がつまっています